ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 4番の一振り! | main | ありがとう清原 >>
減量の壁
昨日、めまい・ふらつきが改善しないので病院へ行った。
薬の減量によるものかもしれないとのこと。
「つらかったね。ごめんね。」と先生。

私の薬でこういう副作用が出るケースは稀なのだとか。(先生は初めてらしい。)
ただ、同系の薬でおこる症状とよく似ているから可能性は大きいと。
まずは薬の量を戻して、症状が改善するか様子を見ようということになった。
これが原因なら量を戻すことで症状はスーッと消えるから、と。

というわけで、再び増量。
まだ一日しか経っていないけれど、症状は確実に治まりつつある。
先生の言ったとおりだった。

首を振ったり、かがんだりできるようになって嬉しい反面、
今後を思うと少しがっかりの展開である。

この際だからと、減量時の副作用についても詳しく教えてもらった。
確立は高くないが「自殺願望」というのもあった。
無気力の頃ならまだしも、今ぐらい元気で自殺したくなれば、実行できるから怖い。
出た副作用が「めまい」でまだよかったなぁ・・と。

先生ともお薬とも、まだまだ長いお付き合いになりそうだ。
yui | ひとりごと | 17:12 | comments(4) | trackbacks(0) |

yui @ 2008/10/03 6:02 PM
>>miltuchanさんへ
そう、残念な展開になってしまいました(T_T)
でも大丈夫!
長いお付き合いになることは覚悟してましたし、
一進一退なのも今に始まったことじゃないですしね(笑)

でも薬の減量に、こんな副作用があるとは知りませんでした。
体調がよくなっても自己判断で薬をやめるのは危険だと
聞いていましたが、なるほどこういうことなのかと。
希望を持っていても、副作用には勝てないかもしれません。
症状としての「死にたくなる」は怖いです。脳の命令ですから。
なので、様子が変だったら教えてねって、夫に頼んでおきました^^

あと「希望」はいっぱいありますよ♪
欲張りものですからっ^^

miltuchan @ 2008/10/03 6:00 AM
せっかくお薬が減って喜んでいたのに残念ですね。

「自殺願望」って怖い話ですが「希望」があれば
そういう願望は絶対に起きないはずです。

「希望」についてご主人といつも話し合うことがいいんじゃないかと思います。
yuiさんには大きな「希望」がありますからね^^

yui @ 2008/10/01 10:57 PM
>>藤村星男さんへ
げっぷとおなら・・・これも辛いですね。
藤村さんの身体に合うお薬に出会えるといいですね。
私も今のお薬に助けられたので、うまくお付き合いしたいなぁと。
あと先生。合う先生との出会いって重要ですもんね。
そう考えると、今は岩手を動けませんねー(笑)

藤村星男 @ 2008/10/01 10:09 PM
僕は糖の薬の種類変えたのですが、げっぷとおならの回数がやたらと増えて困っていますー。僕も今度先生に相談しようと思っています。僕も薬とせんせとは長い付き合いです(^^)

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/199776
TRACKBACk