ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< ZZZ | main | 食欲の秋 >>
温度差
震災後から、様々な「温度差」に、苛立ったり傷ついたりして、
それを文章にしては消し、文章にしては消し・・と言うことが何度かあった。
うまく書ききれなかったというのもあったけれど、アップしたら、そこでもまた温度差が生じるのかも…と、結局それを公開する気になれなかった。

3.11の震災と大津波、そして原発事故から、半年以上が経った。
時間も経ったし、気持ちの整理がてら、もう一度書いてみようかなと思う。

例えば、こんな温度差。

被災地を訪れた人が「実際に行って自分の目で見た方がいい」などと感想を言う。
被災地に行くと人生観が変わるとか、励まされるものがあるとか。
この半年、よく耳にした言葉だ。
「挑戦すべき課題を見つけてほしいという願いで、被災地に学生たちを送りだしている」と、意気揚々と書いておられた某大学教授もいた。

でも被災地の知人は言う。
来る人来る人に、何度も何度も辛い話をしなければならず、正直疲れた。
被災地の声を聞かずに次々に押し寄せた「人の波」のほうが、あの大津波以上にしんどかった、と。

私は津波被災地から離れているので、前者が言いたいこともわからなくはない。
けれど、被災した地にいる人に対する想像力の乏しさは、反省すべきだと思う。
被災地に行くのならば、自分のためではなく、被災地の人のために行くべきだ。
だって、あなたの人生観を変えるために、東北関東沿岸部が被災したわけではない。

また、支援物資(仕分け)ひとつをとっても、温度差は大きかった。
もちろん、大部分は被災者を思って用意してくださったありがたい物資だったが、
中には、汚れた衣服、焦げついたフライパン、お礼状を求める物資など、
送り主側のモラルを疑うような物にも出会い、悲しい気持ちになった。
被災地は何でも喜ぶとでも思われているんだろうか、と。

今思えば、あの頃は余裕がなかったんだろうなと振り返ることができる。
そして、そういう温度差は少し軽減した。
けれども、心はまだ快方へと向かっていない。。。
原因は、今回の震災が「原発震災」だということだ。
地震・津波の傷跡はまだまだ大きいけれど、
それだけならば、これほど暗雲漂う今にはなっていないだろう。
原発事故による放射能汚染は、あらゆる意味で大きな傷を、今もなお広げている。

もし、あの事故がなければ、放射能汚染さえなければ、
被災地の瓦礫の撤去や処理は、今よりもずっと進んでいただろうし、
東北の観光地だって、賑わいを取り戻していたことだと思う。
三陸の海の幸や東北の農作物は、敬遠されるどころか、全国の多くの食卓に並んでいただろうし、そこから復興にも希望が持てたように思う。
けれど、放射能災害を受けたことによって、
住民の被爆被害と同時に、他地域から敬遠されるという被害にも遭っている。

少し前の話になるけれど、
大文字の送り火騒動は、顕著な事例だったと思う。
被災地感情を逆撫でする出来事だったが、残念なのはそれだけではない。
福島を中心に東日本の人々(とりわけ子どもたち)が、微量とは言えない被爆をよしとされている現状に、それまで疑問の声をあげてこなかったであろう人たちが、
いざ身近な問題となって、危険だ、不安だ、持ち込むなと声をあげたことだ。
私も放射能は危険だと思うし、持ち込むなというスタンス自体は反対ではない。

ただ、反対の声をあげるほど、放射能が危険で不安だと思うなら、
被災地に暮らす人にだって、同じように危険で不安なものではないのか。
それを平気で「送り返そう」と言い放つ。

声をあげるなら、せめて被災地の除染の必要性も同時に叫んでほしかった。
あなたたちが怖いと言っている何十倍もの数値の中で、不安を抱えて生活している人や子どもたちが、被災地にいるんだということを想像してほしかった。
そしてそれを、国が「安全」と言っていることに、疑問を呈してほしかった。
こんな悲しいことが起こらないためにも、大文字保存会は脱原発を求めます、くらい言ってほしかった。
けれど、残念ですが…と言って松を送り返すことで、騒動を終わらせた。
返された松は、その後、岩手で、祈りと涙の中で燃やされた。

所詮、自分のところさえ良ければいいと思っていると、思い知った騒動だった。
何が「がんばろう日本!」だ。
何が「ひとりじゃない」だ。
過去の歴史も、そして今も、いつも重荷を背負わされるのは東北なのか。
都はいったい何様なのか。

みんながみんなではないと思うが、被災地から離れれば離れるほど、
こういう思いが大きくなるのは仕方がないのかなとも思っている。
きれいであればあるほど、少しも汚れたくないというのは、もっともな心情だ。
結果的に、放射能汚染への不安や恐怖心、嫌悪感は大きくなる。
そして「東北」「東日本」という大きなくくりで、様々なものが敬遠される。

別に、放射能汚染を分かち合おうなどと言う話では、決してない。
汚染の拡大はできる限り抑えなければいけないと思っている。
ただ、この問題の抱える「温度差」は、とても微妙だということである。

放射能汚染の被害がある地域とない地域では、ある地域のほうが当然関心が高い。
数値に敏感な人も多く、署名運動や学習会もよく行われている。
どうやって(特に子どもたちの)身を守っていけばよいのかを真剣に考えている。
けれど、恐怖心や嫌悪感は、汚染のない地域の人の方がなぜか大きい。
離れれば離れるほど、嫌悪する心理が大きくなるように思う。
「東北で野菜を作るな」などと意見する人は、大抵東北以外の人だ。

もちろん、放射能汚染がある地域でも、放射能への恐怖心や嫌悪感はある。
でも、息を止めて生活できるわけでもなく、注意しながら普通に暮らすしかない。
恐怖心や嫌悪感を大きく持ってしまうと、そこで生活しづらいわけで、
無意識的に薄れる(薄れさせている)のかもしれない。

私自身も、数値は気にしているけれど、地元の野菜や肉を食べている。
選択肢がないというのもあるけれど、多少の被爆を覚悟(許容)しているからだろう。
ここに暮らす以上、被爆は避けられないだろうから。

ただその許容量には、地域や年齢や価値観によって個人差があるわけで、
その個人差(温度差)が、時に問題発言になったり、時に人を傷つけてしまう結果になって、今の社会の刺々しさに繋がってる気がして、何ともやるせなく思うのだ。

最近は、ホットスポットの情報もずいぶん発表され、
岩手にも高値を示す場所がそれなりにあるということがわかってきた。
普段口にする食べ物の安全性への不安というものと同時に、
「汚染地域」と呼ばれる戸惑いと辛さを、福島県民には及ばないながらも、
最近は感じている。
自分の暮らす地域を「汚染地域」と呼ばれる悔しさは、そこに暮らしている者でなければわかるまい。

ただ、反省すべきは、私だって福島を「汚染地域」と見ていることだ。
正確に言えば「被害地域」なんだけれど。
言われる側になってみて初めて、その辛さを噛みしめているが、
今までと言い、これからだって、長い年月にわたって「汚染」のレッテルを貼られるであろう「フクシマ」。
テレビや新聞はまだしも、ネット上では相当な言われようもしているようで、これも何ともやるせない。
悪いのは東電であり、原発を推進してきた人たちなのに。。。


今日、「チェルノブイリハート」という映画を観てきた。
チェルノブイリの事故から25年。
今、放射能の汚染地域で生まれる子どもの85%が、何らかの障がいを抱えているという。
心臓病、種々の身体奇形、知的障がいなど。
汚染地域は、原発から300匏内に及ぶ。

日本では、今日、原発から20〜30匏内の緊急時避難準備区域が解除された。
チェルノブイリとは一概に比較できないけれど、
本当に大丈夫なのか?というのが正直な思いだ。

我が家は福島第一原発から約250辧
やっぱり不安はぬぐえない。

とにかく、今できることは国をあげての除染。
そして、検査と情報公開という形で、食の安全を守ってほしい。
これに尽きると思っている。
yui | 震災関連 | 00:54 | comments(2) | - |

yui @ 2011/10/08 12:14 AM
>>藤村星男さんへ
こちらこそご無沙汰していました。
コメントありがとうございます^^

>自分は一時期調子を悪くしていましたが、今はほとんどO・K状態です。

それは何よりです^^
お仕事をしながらの療養、大変なこともあるのではないかと思います。

>自分的には、それが原因だとは、思いたくありませんが、

うまく言えませんが、共感しました。
引き金になったであろう出来事に対して、負けてしまったような気持ちになる、それは私にもあるなぁと。
負けじゃないんでしょうけどね、本当は。

>今できてることは、気にしない。普通でいよう。
深い言葉ですね。
本当にその通りだなって思います。

こういう災害時って、かわいそうとか、何かしなくちゃとか、そういう感情や行動が先行しがちなんですが、こういう時ほど自分を大切にすることが大切なんだろうなと、最近思っています。

とは言いながらも、震災直後は色々とお節介心に火がついてしまい、忙しく過ごしてしまった私(苦笑)。
最近は、主治医から注意されたのもあって、大人しく過ごしていますが、気仙沼には私も何度か足を運びました。
なので、気仙沼はとても親しみのある街になりました^^
ご一緒に復興を願いたいものです。

藤村 星男 @ 2011/10/02 10:02 PM
本当にご無沙汰しています。自分は一時期調子を悪くしていましたが、今はほとんどO・K状態です。

5月に気仙沼に帰ったときは、やけに構えてる自分がいました。 来てくれて ありがとうね  そう言われたときは 構えてた自分が すごく恥ずかしかったです。

あちこち案内していただき、いろいろ 見ました。 不思議に 特別な感情はわかず ああそうなんだと
けど、戻ってから、じわじわ来るんですね。
自分的には、それが原因だとは、思いたくありませんが、 調子を崩す引き金になったのかな と今では思います。

負けたくなかったんで、仕事は1回早退ありましたが、休まず続けています。

7月には、いわきのお店に出張しました。お客様も従業員も、ごくごく普通でした。出張前に、生活はどうなんだろう?と色眼鏡で見てた恥ずかしい自分がいました。

今の自分は何ができるか?まだ迷っていますが、今できてることは、気にしない。普通でいよう。
やっと意識せずにできるようになってます。

 

POST A COMMENT