ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 朝の出来事 | main | サヨナラ勝ち! >>
不条理だな・・・
アフガンの邦人拉致事件は最悪の結末となった。
それも被害者はペシャワール会の青年スタッフ。
なぜ?どうして?という思い。

現地に根ざして貴重な活動をしていたペシャワール会。
ニュースを聞いただけの私でさえもショックなのだから、
中村先生をはじめ、関係者やご家族の心痛は計り知れない。

何かやりきれないな。。。
yui | 平和・いのち | 23:21 | comments(2) | trackbacks(0) |

yui @ 2008/08/28 4:17 PM
>>ぶうさんへ
>平和な世の中がおとずれますように。
そう祈ることしかできないですね。
憎しみの連鎖が平和を願う連鎖へと変えられますようにと。

今日テレビで、伊藤さんの生前の活動が紹介されたあと、
「でも死んでしまっては何にもならないですからね」と言った司会者がいて
心に引っかかりを覚えました。
自己防衛がもっと必要だったと言いたかったのでしょう。
でも、確かに残念でしょうがない事件ではありますが、
「何にもならない」なんてことはないはずです。
彼の生き方に頭が下がる思いになった人はたくさんいるはずだし、
彼の死で知り得たアフガンの現実もあります。

彼の拉致を知り、彼を捜すために集まった村人は千人だとか。
どれほど村人たちから慕われていた人かがわかりますし、
村人たちは日本人以上に悲しんでいるんじゃないかと想像します。

「何にもならない」とひと言で終わりにはしたくない事件ですし、
これからもペシャワール会の活動が継続されていくことを願ってやみません。

ぶう @ 2008/08/28 7:38 AM
「政府に協力するもんは、みんな悪」
イスラム原理主義のタリバン、テロ…根っこに
あるのは、良い・悪いの白黒をわけなきゃ気が
すまない式の単純な思想にみえますね。
 
 でもね。ゆとりがなくや、まわりとのかかわりがない生活をしていると、平和なような日本でも、おんな
じように単純な思いつきで、切れたり、あばれたり
する。そんな話は新聞、TVで日常茶飯になっちゃっ
てる。
 
 平和な世の中がおとずれますように。

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/195759
TRACKBACk