ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 生南部サブレ | main | 甲子園とスカイマーク >>
山菜いろいろ
またまた山菜をいただいた。
お世話になっているご近所さんから。
全部お家で育てているもの。うらやましい!

左下から、フキ、ウド、ウルイ、ミズ。

フキは煮物、ウドは天ぷらときんぴら、ウルイは炒め物にした。
ミズはおひたし、ツナ和え、そしてミズとろろでいただいた。
このミズとろろ。根の赤い部分を細かく刻んですりつぶすと粘りがでてとろろ状になる。
少し手間だったけれど、なかなかオツな頂き方だった。
↓「ミズのツナ和え」と「ミズとろろ」(見た目はあまりよくないけれど)
 

意外にレパートリーが広がらないのはフキ。いつも煮物。
煮物以外に何かいいレシピをご存じの方がありましたら、教えてくださ〜い!
yui | | 14:27 | comments(4) | trackbacks(0) |

yui @ 2008/05/31 11:11 AM
>コデマリさんへ
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます^^
沿岸にお住まいですか。ここ数日寒いですね。

>>簡単に言うとフキの塩味のきんぴらです。
うわ〜っ!感激です!!ありがとうございます♪
塩味というのが新鮮ですね。
「釜石の富士勇」初めて知りました。これは探さねばっ!
ぜひチャレンジしてみますね〜!

>>岩手について丁寧に親しみこめて書いてくださっていて
そんな風に言っていただけて、私も嬉しいです!
岩手、すっごく好きなんです(*^_^*)
四季も景色も人も食べ物も温泉も♪

こんなブログですが、またいらしてくださいね♪
トラキチのご主人さまにもよろしくどうぞ^^

コデマリ @ 2008/05/30 11:54 PM
yuiさん、はじめまして。
岩手の沿岸在住の主婦です。よろしくお願いします。主人がトラキチです♪

私は雫石出身ですが、7年前に亡くなった母がよく作ってくれたフキのレシピをご紹介します。

簡単に言うとフキの塩味のきんぴらです。

なるべく若そうなフキ(色が薄く細いもの)を4〜5センチに切り、太白ごま油で炒め、油が回ったら薄口しょうゆと酒を加え好みの柔らかさに炒めにします。柔らか目が好きでしたら蓋をするといいです。水分がなくなったら白炒りゴマをちらして出来上がりです。

薄口しょうゆは、釜石の富士勇のものがおすすめです。Big Houseやマイヤに売っているらしいです。市販の白だし+塩でもいいと思います。しっかり味をつけたほうが美味しいです。

ご飯にも合いますし、私の娘は幼稚園のお弁当に入れると喜んでました。渋い好みではありますが・・。

ぜひ作ってみて下さい!
岩手について丁寧に親しみこめて書いてくださっていて、とってもうれしいです。転勤族とのことですが、こちらにいる間にたっぷり岩手を楽しんでくださいね。

また来ますね♪

yui @ 2008/05/21 5:39 PM
>miltuchanさんへ
私も関西にいた頃はウルイやミズは知りませんでした。
岩手では、100〜150円くらいで八百屋さんに並んでいます。
ウルイはハウス栽培もあるようなので(東北が主だと思いますが)、
探せば関西でも出回っているんじゃないかなぁと思います。
でも、お高いかも知れませんね^^;

東北は山菜が多いなぁって思っていましたが、
多いというより、食べる習慣の有無なんでしょうね。
たぶん暖かい地方では、山菜を食べなくても農作物がとれるので
そういう食習慣にならなかったんじゃないでしょうか。
東北で山菜がよく食べられるのは、
この季節を生き抜く先人たちの生活の知恵じゃないかなぁと思う次第です。

miltuchan @ 2008/05/21 5:42 AM
フキとウドは市場にも売ってますが
ウルイ、ミズって見たことありません。
山菜や海の幸が楽しめていいですね〜

フキは私も煮物にしかしません;;;


POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/184679
TRACKBACk