ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 「教え」 | main | うどんでパスタ♪ >>
華麗なる一族
「華麗なる一族」の最終回を見た。
高校生の頃に原作を読んだことはあったけれど、最後はすっかり忘れていたので、
新鮮に見られた。鉄平の自殺。死亡診断書で実子とわかるという皮肉。。。
何ともいたたまれない展開だった。

大介目線ではあるけれど、
憎しみを持って生きることは、その人の人生をも狂わせるという悲しさと、
自分の過ちや罪深さに気づいて(気づかされて)、ようやく憎しみから解放されるという不条理さなど、複雑な思いにさせられた。

ただ、このドラマ、関西が舞台といいながらみんな標準語だし、脇も妙な関西弁だったりして、その点はイマイチだった。
あと、キムタクが自殺ということで、最期がかっこよく描かれすぎていたので、
若い人たちに自殺が美化されなければいいな・・という危惧も少々。
まぁ、かっこよくないキムタクっていうのも、あり得ないのかなぁ。。。
yui | テレビから | 15:41 | comments(3) | trackbacks(1) |

neco @ 2007/06/16 12:36 PM
こんにちは。華麗なる一族。なんか懐かしいー。最近テレビ観てないからなぁ。

私は、最終回でキムタク自殺っていう結末が最悪や、って思いました。あ。「私も」か。

死んで終わりにする、一人が死んだことで周りの人が反省する、影響力の強いキムタクがきれいに死んでいった・・・すごく嫌な気持ちになりました。

人はいつか死ぬけれど、ああいう形で死を描くドラマやお話は嫌いです。うーん。辛口ですかね。

yui @ 2007/03/20 11:57 AM
>miltuchanさんへ
原作が関西弁だったか・・・覚えてないのですが、知った地名が数多く出てきて読みやすく、関西のイントネーションで読みすすめられた気がします(笑)
万俵家の人たちは、関西弁じゃなかったのかもしれません。
あと、原作は、大介さんが主役っぽい話しだった気がするのですが...こちらもうろ覚えで。山崎豊子さんは好きなので、またもう一度読んでみたいですね。
miltuchanさんはキムタク派のようですね。私は銀平役の山本耕史さんが素敵だぁ!と思いました♪

miltuchan @ 2007/03/20 2:06 AM
トラバ見て最初にやって来ました!♪
原作は関西弁なんでしょうか?読んでないので
解りませんが・・・

>キムタクが自殺ということで、最期がかっこよく描かれすぎていたので

小説の中の自殺はたいがいかっこよく描かれているので、まぁ仕方がないですね。
キム拓がかっこいいのも、まぁ仕方ないですね(笑)

私も久々にトラバしときまーす♪

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/134101
TRACKBACk

華麗なる一族、泣けました (My First T-Blog  始まり・・・ @ 2007/03/20 2:07 AM)
『華麗なる一族』最初から録画してるので故意に 見なかったのだが土曜日の『スマステ』にキム拓が生で 出ていたのと、日曜日のお昼に2時間にまとめたものを見たので、 どうしても続きが見たくなり最終回だけ先に見てしまった。 涙ちょちょぎれたー・・・[:悲しい