ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 春のおとずれ | main | 夕方の月 >>
うつを申告する勇気
心の病というのは、なぜか人に言いにくい。
風邪は「風邪です」と言えるし、たぶん盲腸になっても言えると思う。
「心の病=弱い人」・・・そんな偏見が私の中にあるからかもしれない。

うつのことは、ごくごく親しい人にしか話していない。実父にも内緒だ。
薬を飲んでいれば、まずまず落ち着いているので、一見バレない。
専業主婦なので、迷惑がかかるのも、夫くらいのものだ。
ただ、自分の不安定さや弱さを隠すような生活の仕方が、嫌に思うこともある。

結婚して5年。子どもはいない。自分のことだけで精一杯の日々だ。
でも、専業主婦で子どもがいないとなると、世間では色々と思われるようだ。
「子どもはまだか?」は、結婚2〜3年目ほど言われなくなったが、
今度は、不妊で悩んでいるのか?と入らぬ心配をしてくれる人が出てきた。
正直言って大きなお世話だが、事情を知らないとそう思うものかもしれない。
また、専業主婦なので時間があると思われて、何かと「役」を頼まれやすい。
年度末のこの時期、断り下手な私にとって、これは大きな課題だ。
病院の先生には「引き受けない」を宿題にされている。。。

そういうわけで、思い切って「うつです」と申告した方が楽かなぁと考えるこの頃。
言ったら言ったで、案外、理解や協力が得られるのかなとも思うけど、
やっぱり少なからず偏見もあって、嫌な思いもするのだろうな・・・と、
現実的には口にできない私。
とりあえずは、ブログの中でシミュレーション、というところだろうか。
yui | ひとりごと | 17:37 | comments(3) | trackbacks(0) |

neco @ 2007/06/16 12:58 PM
やっとこのページに辿り着いた。
あぁ、やっぱり・・・、と思った。
もしかしてyuiちゃん???って何度も思ったときがあったから。

私ね、「躁鬱混合型」だよー(らしいよー。)

うつは「心の風邪」なんて言われてるね。

躁はけっこう難しいよねぇ。え?!明るく振舞ってるつもりやのに、それに病名つけられるの?!私、そんなに変やの???って。

今回は、それにさらに「パニック症候群」が加算されちゃったよ。ほんま、死ぬかと思った。だって、入院前の一週間はのたうちまわるくらい体中が痛くなって、しかもいつも夜中やねん。転げまわって「痛い、痛い!苦しい!苦しい!」って言い続けたの。

今は、入院している、ということで症状が落ち着いています。←これがまたパニック症候群の特徴でもあるらしい。

一気にいろんな情報を書くのもどうかな・・・と思いつつ・・・。yuiさんは鍼orお灸ってしたことある?

私は、けっこうこれが合ってるんだぁ。「うつ」って思ってたら女性の場合はけっこうホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れの影響で「うつ症状」になることが多いらしい。

うつからくる体の不調を整えるのに、鍼ってけっこうオススメ^^。アレは、究極の触診やと思ってる。

もし興味があったらケイタイメールに連絡くださいな^^ 

yui @ 2007/03/03 11:52 AM
>azuさんへ
初めまして。コメントありがとうございます^^
突発性難聴、大変でしたね。その困惑、分かる気がします。ストレス溜めないようにって言われて「はいわかりました」ってなくせるなら、苦労はしませんよね(笑)
グチの多いブログですが、これからもまたいらしてくださいね♪

azu @ 2007/03/02 10:31 PM
はじめましてです。
『心の病』とか『ストレスからくる…』とか。。。
私も以前、突発性難聴とか言う、突然耳が聞こえなくなる病気になった時、医者に『ストレスを溜めないように…』と言われ困惑したことがありました。目に見えないものって、ほんと理解するのも克服するのも難しいものですよね!
yuiさんの言う様に『申告』できたら、どんなに楽かと思います。

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/131881
TRACKBACk