ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< お気に入りのドラマ | main | プロフェッショナルな言葉 >>
心の休養
今週から薬が変わった。先生は即決だった。
「自分ではわかってないかもしれないけど、よくないんだよ」と
今までになく深刻な顔で話しをされて、ちょっと戸惑った。
しばらくゆっくりしなさいとのこと。でも、正直ほっとした。

不調の兆候に気づきながらも、自分ひとりでは手放せないものがある。
例えば、ずいぶん前からの約束で、やろうと思えばやれる事。
断りの連絡を入れるくらいならやってしまおう...と思ってしまう。
家事もそうだ。一日くらいなら「今日はしんどい」と容易く放棄できるが、
一週間も続けて放棄したら「ほんまにしんどいんか」と言われそうで怖い。
どこまでが「休養」で、どこまでが「わがまま」になるなのか、ラインは微妙だ。

先生の言う「ゆっくり」は、寝ていなさいということではない。
読書でもジグソーパズルでも、自分が好きなことをしていたらいいという。
とはいえ、仕事から帰ってきたら、妻が家事もせず本を読んでいるというのは、
やっぱり印象悪いよな・・・と思ってしまう。
ウルトラマンの胸の青いタイマーみたいに、自他共にわかるサインランプがあればいいのになぁ。。。不調になるとピコピコ点滅するとかね(笑)
yui | ひとりごと | 18:27 | comments(2) | trackbacks(0) |

yui @ 2007/02/23 12:00 PM
>miltuchanさんへ
興味深く読みました。
ラスト、二人が再会したところで、少年のハートが喜びでピンクになって、少女も少年のハートがピンクになったのを見て嬉しく思う・・・というオチじゃなかったのが残念です。
でも、お互いが思い合っていても、悲しい結末になるってことも、人生よくあることですものね。そう考えると、マンガとは思えない大人なストーリーですね。さすが石ノ森章太郎という気がします。

miltuchan @ 2007/02/23 4:35 AM
昔読んだ石ノ森章太郎さんのまんがを思い出しました。一寸可愛そうなストーリーなんですが、ガラスの少女と鉄の少年の恋物語。

ガラスの少女はハートが透けて見えるので
嬉しい時はピンク色、悲しい時はブルーに染まります。でも少年は鉄で出来ているのでハートが見えません。少女は少年の心が見えなくて毎日ブルーのハート
になってしまいました。

二人は別々に神様にお願いしました。
やがてガラスになった少年と鉄になった少女が再会し
又悲しむ事になるのでした。

一寸O・ヘンリーっぽいですが感動しました。
超短編の漫画なのにいまだに覚えています。

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/131004
TRACKBACk