ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 簡単パスタ・・・なのにケンカの巻 | main | 通過点 >>
春遠からじ
一昨年になるが、「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン(MAWJ)」代表の大野寿子さんの講演会が、岩手であった。
MAWJは、重病の子どもの夢を叶えるお手伝いをする、というボランティア団体。
この時初めて、こんな活動があるのだと知った。
そして、夢を持つということが、希望を持つということが、
それこそが、今を生きる力になるのだということを教わった。

今日、1000人目の子どもの夢がかなったというニュースを知り、嬉しくなった。
と同時に、その活動に携わってきた多くの方々に頭の下がる思いになった。
何も出来ず(というか何もせず)、ほんの心ばかり送った寄付の領収書に、
心のこもったお手紙を同封して下さった大野さん。
「うれしい出会いが次々と広がっていく。春遠からじです。」との言葉。

春遠からじ・・・心に響いた。
夢や希望をもらっているのは、本当は私のほう。
これからも多くの子どもたちの夢を叶え続けてほしい。
そして、いつか私も恩返しができるといいなと思っています。
yui | 日々のできごと | 18:34 | comments(2) | trackbacks(0) |

yui @ 2007/02/05 4:35 PM
>miltuchanさんへ
「夢」っていいですよね。心を前向きにさせてくれます。
ちなみに、子どもたちの夢で多いのは、東京ディズニーランドに行きたい、なんだそうです。
それなりに動ける身体でいながら、不平不満ばかりぼやいて生きている自分が、恥ずかしくなります。。。

miltuchan @ 2007/02/04 11:21 PM
1000人もの子供たちの夢をかなえるには
相当な数の人たちの援助があってのことでしょうね。
私には何も出来ないけど、そういう人々に感謝の
思いでいっぱいになります。この記事見落としてました。
yuiさんのおかげで暖かい気持ちになれました。
(^^)

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/128880
TRACKBACk