ぼちぼちいこか

虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるコメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 玉ねぎづくり | main | 絶品トウモロコシ >>
食用菊
関西に暮らしていた頃はあまり食べなかった「菊の花」。
東北地方が産地とあってか、スーパーでもたくさん売られているし、
いただいたりもして、この時期は必ず食べるようになった。

花びらをむしって、さっと茹でて、おひたしや和え物などにする。
独特の香りと苦み、そしてシャキシャキした歯ごたえが美味しい。
食用菊(畑にて)
  ↓ 茹でて、ドレッシングでさっと和えたもの
菊の花の和風ドレッシング和え

ちなみに、黄色の菊の花は普通に「食用菊」と呼ばれているけれど、
うす紫色の菊の花は「もってのほか」と呼ばれていて、人気が高い。
いちおう食べくらべをしてみたこともあるけれど、あんまり違わないかな...
違いがわからない私は、普通の「食用菊」派です。
yui | | 18:44 | comments(2) | trackbacks(1) |

yui @ 2006/10/18 11:21 AM
>miltuchanさんへ
今日はしっかり届いております♪
この食用菊は、お刺身についているあの菊の花とはまた違うんですよ〜。
私も食用菊と言えば、あの小さな花のイメージだったんですが、もう少し大きくて(直径7〜8僂らいでしょうか)、観賞用の菊に近い感じです。
花びらをむしった状態で袋詰めにされて売られていることが多いですね。それも結構大きな袋で。(笑)
春菊と一緒におひたしにすると彩りもきれいで味もよく合います!あと、ほうれん草も一緒にすると苦みが和らいで、夫にはこっちのほうが好評でしたね。

miltuchan @ 2006/10/18 2:41 AM
この前コメント送り失敗したので、今日も届くかどうか分かりませんが・・・
食用菊は、刺身の飾りに使う程度には、市場で売っていますが、おひたしにするほどの量は売ってないですね。刺身に飾りとして一つ付いていますが、食べた事無いです。春菊のおひたしは美味しいですけど、
花とどちらが美味しいですか?

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/114668
TRACKBACk

食用菊 (炎と水の物語 2006 Apprehensio ad Ignis et Aquarius. @ 2006/10/18 12:26 AM)
食用菊を頂きました。色と香が素晴らしいです(^^)。