ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 生茶パンダ | main | あまのじゃく? >>
’06夏の甲子園 すばらしかった
何だかまだ興奮冷めやらぬ今夜。

37年ぶりという決勝戦の再試合。
意外と大差がつくのではと思っていたけれど、最後まで見事な試合。
本当に恐れ入りました。
早実、苫小牧、両チームの選手に拍手拍手

それにしても斉藤くん。今日もバシバシ13奪三振。
「明日は完封します」と昨日言った、その気合いが伝わりました。
本当におめでとう!
合計78奪三振は歴代2位の記録だとか。あっぱれです。
(歴代1位が板東英二氏というのも驚いた!)

苫小牧の田中くんも、最後はいい表情だったし、すべてが感動。
どうせなら先発させてあげてほしかったけど。

では、今から「熱闘甲子園」!楽しい
yui | テレビから | 23:15 | comments(0) | trackbacks(3) |

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/104816
TRACKBACk

昨日の記事で 「再試合はえてして大味になりがち」と書きましたが そんなことを書い

早稲田実業が初優勝! (☆まぁさんのなんでも日記☆ @ 2006/08/22 10:31 AM)
昨日は延長15回引き分け再試合で今日、頂点が決まりました。 今日は他店舗の入替えに行き、早く終わらせて見るつもりでしたが、家に着いた時には丁度、試合終了の瞬間でした。

夏の甲子園2006 (ノラ猫の老後 @ 2006/08/22 12:25 AM)
多くを語る必要はないでしょうけど、ブログに書かずにおれません。 飛ぶボールの影響か、重くした金属バットの影響なのか、打撃中心のシーソーゲーム中心であったのが、決勝はうってかわって早稲田実業の斉藤投手、駒沢苫小牧の田中投手の見事な投手戦。 いやあ感動