ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< ムッ! | main | ごちそう♪ >>
告知
内科受診してきた。
覚悟はしていたけれど・・・。

原発性硬化性胆管炎または原発性胆汁性肝硬変、との診断結果。
難治性の自己免疫性疾患で、今の医療で治る見込みはゼロとのこと。
とりあえず今は、病状の進行を抑える薬をのんで経過を観察していくことに。
今後は数年から十数年かけて進行していくだろう、という説明だった。

数年から十数年か・・・その言葉はやっぱり重い。
ネットで調べてみても、これらの予後はだいたい10年。
ただ、中には2〜3年で死に至るケースもあるようだ。

人生で初めて突きつけられた命の期限。
まぁ、あと数ヶ月という単位じゃなくてホッとしたところもあるけれど、
数年なんてあっという間なんだろうなぁ・・・とも。
こうして元気に過ごせる日々は、あとどのくらい残されているのだろうか。

なーんて、あんまり先の事を悲観してもしょうがないので、
近い未来に楽しみを用意しつつ、今を大切に過ごしたいと思い直した。
明日はまず、美味しいパスタを食べよう♪(笑)

いつかできると思って先延ばししてきたことも、ぼちぼちやっていこう。
例えば、早池峰山に登ってみるとか、甲子園のライスタ参戦とか☆

今日は記憶に残る灰の水曜日。
yui | 病気のこと | 23:30 | comments(9) | trackbacks(0) |

yui @ 2009/02/27 10:39 PM
>>Genさんへ
ありがとうございます^^
そうですね、本当に。
元々その両立が苦手な私ではありますけど(苦笑)
でもそういう意味で「ぼちぼち」といきたいって思います。
なんて書いている今の私もちょっと頑張ってるのかなぁ^^;
頑張りすぎてるな〜って時は、頑張りすぎてるぞ〜って注意してくださいね^^

Gen◇◆ @ 2009/02/27 5:36 PM
我々の方が励まされてるみたいで、かないませんな(^^;

頑張ることと頑張り過ぎないことは、二律相反するものでなく、いつでも表裏一体で、たぶん両立すべきものなんだろうと思います。

「ぼちぼち」という言葉に、そういう意味が含まれていてほしいと、僕は感じます。


こちらこそお付き合いよろしくです。

yui @ 2009/02/27 10:28 AM
>>仙丈さん、miltuchanさん、浜風.さん、MARさん、ぶうさん、Genさんへ
まとめレスで失礼します。
こんなコメントしにくい記事に、温かい言葉を書いて下さりありがとうございます。
言葉をかけてもらえるって嬉しいですね。
それぞれのお気持ちにジーンときています^^

何だか大ごとに書いちゃいましたが、
今すぐどうこうなるというわけではない(と思う)ので、
これからもぼちぼちとやっていきます^^
ブログももちろん続けていきますので、これからもよろしくお付き合いください♪

Gen◇◆ @ 2009/02/27 2:26 AM
どうコメントをしても軽くなりそうで・・・。

克服されます事だけを、ただそれだけをお祈りします。

ぶう @ 2009/02/27 12:20 AM
ひさしぶりに、のぞいてみて、おどろきました。
ぼくは、yuiさんの二倍以上の年齢だと思うけど、
いままで何をしてきたか?齢をとって、これから何ができるのか?ということを考えるのが怖くなり、「いまが大切」といいきかせるようになりました。
 ぐっと胸をはって、おとぎ話の王女さんみたいに、これからも歩み続けるお姿を想像しております。がんばってください。








MAR @ 2009/02/26 10:14 PM
凄く衝撃で驚いています。
コメントの言葉も出て来ません。
今という時を大切に頑張ってください。
克服される事を願ってます。


浜風. @ 2009/02/26 1:03 PM
今は何をコメントしても、力になれない。
そんな思いで一杯です。
「今と言う時間を大切にしてください」と言うことしか言えません。

診断の結果が違っていて欲しい…
ただただそう思います。

miltuchan @ 2009/02/26 3:30 AM
重すぎて簡単にコメントできません。
あんまり聞いたことのないような難しい名前の病気ですね。
今は時間も遅いので明日にでもあちらの方にメッセージ贈ります。

仙丈 @ 2009/02/26 1:51 AM
難しい名前の病氣ですねえ。
仰るやうに、「いま」を大切になさつて下さい。
先のことを考へ過ぎるとよくないやうに思ひます。
さう、甲子園觀戰なんか良いでせうね。
出來れば目の前で胴上げをご覽になるとか。
私はかつて山岳部にゐたので、早池峰山にも憧れます。
西洋醫學だけではなく、漢方などで「氣」から治す方法はないのでせうか?
ともあれ、ご自身のための時間を充實させたいですね。
おせつかいでご免なさい。


POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/213014
TRACKBACk