ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< こんな一日 | main | 日曜日 >>
雪のひとひら

先日、学生時代の友人から贈られた本に、心がしっくりきた。

主人公、雪のひとひらの最初の台詞。
「わたしって、いまはここにいる。(中略)どこからきて、どこへ行くつもりなのだろう。このわたしと、あたりいちめんのおびただしい兄弟姉妹たちをつくったのは、はたして何者だろう。」
そして、ストーリーは展開していく。
詳しくは書かないでおくが、最後は感動の言葉で締めくくられている。

最近読んでいる本にも共通するのだけれど、
目には見えないけれど確実に存在する「何者か」への思いは、
求めれば求めるほどに深く感じられるものなのだと、この本は気付かせてくれた。

とても描写がきれいなファンタジーです。
yui | 平和・いのち | 23:59 | comments(3) | trackbacks(0) |

yui @ 2008/12/01 9:28 PM
>>miltuchanさんへ
きっと共感できるものがあると思います。
機会があれば、ぜひどうぞ♪


>>ぶうさんへ
女性向きかな・・とも思える本ですが、
機会があれば読んでみてください。

>ひとつとして同じ結晶がありません。
それもこの本の大きなメッセージなんだろうなと、
今、気づきました。
だからこそ、その一つ一つが尊いのだと。

ぶう @ 2008/12/01 3:17 PM
この本のことは知りませんでした。
こんどよんでみようと思います。

「雪は天からの手紙」
世界ではじめて人口雪の結晶をつくった
中谷宇吉郎さんの言葉。
ぼくも小学生のとき、冬休みの自由研究で、
黒いお盆をもって、毎朝、雪をすくって雪の結晶の
絵をスケッチしたことがあります。
 ひとつとして同じ結晶がありません。
写真の雪の結晶ヘアのこどもの絵をみながら、
思い出しました。
 ちなみに成績は、そんな自由研究ではよい点数は
もらえなかった記憶があります。
 岩手の雪の結晶は大粒でしょう?。

miltuchan @ 2008/12/01 2:24 PM
この本を紹介されてた新聞の記事をチラッと見た
記憶があります。
宝石のようにきらきらと輝く言葉がちりばめてられそうですね。
一度読んでみたいです。^^

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/205216
TRACKBACk