ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 4本のキャンドル | main | ドリカム >>
Happy X’mas
先日shazumiさんのブログで、
ジョン・レノンの「Happy X'mas」の映像(→コチラ)が紹介されていた。
歌は知っていたけれど、これを見たのは初めてで、いろいろ考えさせられた。

平和になりますようにと、日々願っている。
でも、具体的に何かしているかと言えば何もしていない自分がいる。
日本社会の格差も問題だけれど、世界の格差はもっと大きい。
日本で暮らしているということは、格差の「上」で暮らしているということだ。

貧しい国から食糧をむさぼっている日本。
その中で豊かに暮らしている自分。
意図して苦しめているつもりはないけれど、追いつめているのは私たちだ。
そこに生まれる反感や憎しみ、そして貧困。
戦争は、決して他人事ではないのだと思う。

今、日本は戦地ではない。
けれども、犯罪、事故、そして自殺の死者が年々増えている。
戦争のない社会だけが平和な社会と言えるわけではないだろう。
日本だって、いまやある意味、戦地だ。

人は戦争を繰り返す。
日本史を見ても世界史を見ても、歴史は戦争の繰り返しだ。
何千年の時を過ぎても、人は悲劇を繰り返している。
平和を実現することはどうしてこんなに難しいのだろう。
何だか悲しくなってきた。。。

だから、ジョンの歌に共感して感動するのかもしれない。
純粋に平和を求めるその姿に、とてつもない勇気をもらうのだろう。
クリスマスの喜びも、だぶんそこにあるのだと思う。

罪深さを認識しつつ、感謝を持って生きていかなければと思う。
yui | 平和・いのち | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) |

yui @ 2007/12/22 2:54 PM
>shazumiさんへ
shazumiさんの思いとずれていなくて安心しました^^
文章にしていくうちに批判っぽくなってしまったのですが、
何が悪いとかではなく、かといって諦めの境地というわけでもなく、
思いの矢印はあくまで自分。
自分がどう受け止めるかということですよね。
そんな気持ちになりました。
クリスチャンかどうかは別として、世界中でこれだけ祝われるクリスマスですから、やはりこういうことを考えるというのも、いいクリスマスの迎え方だと思いました♪

shazumi @ 2007/12/22 12:42 PM
まずはyuiさんに感謝です。
文才のないshazumiが伝えたかったこと・・
そのままに言葉になっていて驚きました。
常々・・クリスマスとか・・あまり関係のないことと・・意外にも冷ややかな気持ちをいだいておりました。子供がいるので・・全く無縁ではありませんが(笑)
でもジョンの音楽とこの映像から・・そんな観点からの捉え方なら・・と、素直に受け入れられる自分がいました。そして目を背けてはいけない現実を子供たちにも伝えられればと思っています。また違った意味でステキなクリスマスを迎えられそうです。
yuiさんホントにありがとう♪

今宵はキャンドルナイトでしたね。忘れてなかったです^^v

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/169017
TRACKBACk