ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 来年度の楽しみ | main | どっさり洗濯 >>
何となく
カーテンも開けず、電話もインターホンも無視。
テレビを見て、ひとりで笑う。
気がつけば、夜。
無理してテンションをあげたら失敗。。。
こんな一日でも、
よくがんばった一日と同じように受け止められたら、
いいなと思う。
yui | ひとりごと | 22:46 | comments(1) | trackbacks(0) |

neco @ 2007/06/16 2:23 PM
精神科の病棟で過ごしています。正常とは?異常とは?、常識とは?非常識とは?、元気とは?病気とは?、そういうラインってどこでわかれるんだろう、そんなことを日々考えさせられます。病院でびっくりしたのは「おしゃれさん」がめちゃくちゃ多いこと。ルームウェアの人やパジャマの人がほとんどいなくって、毎日念入りなフルメイク、完璧なヘアスタイル、流行のお洋服(日に何度も着替える人も)、立ちくらみをしょっちゅうするにもかかわらず、すらっとしたヒールを履いて、ピタピタのジーンズを履いてお出かけしていく人が多いです。(たいていの人が、外出、外泊OKの比較的軽い症状の精神科病棟です。)これがまた精神科の特徴なんかしら?

私は、たいていがドすっぴん。へろへろの服着て髪もブラシでとくだけで、整髪剤などつけず流行とはほど遠い格好でいます。

最近思うのだけど、長い鬱というトンネルの中にいて、かなり調子が悪かったときほど念入りに化粧してじっくり服のコーディネート考えてたなぁと思うのです。その光景のほうがよっぽど異常だったと思うんよね。

今は、心身ともに治りたい!治るぜ!ここから抜けるぞ!という本気モードにやっとスイッチが入った状態です。たまに化粧もするけれど、最低限しかしてなくって、服は、今、裸じゃなければなんでもいいって思う。病院で一人だけどダンナを感じていたくてダンナのユニクロのXLのベロベロのTシャツ着てるけど、それがすごく落ち着く。それでデパートとか繁華街行かないから、いいよね? ^^;

顔も、あんなに(あー、めちゃくちゃ美人に生まれていたら、せめてたくさんの人にかわいいって言ってもらえる顔にさえ生まれてさえいれば悩み事なんかなかったんじゃないかなぁ)と思い続けてたのに、今は目・鼻・口がついてるし、それでいいやんって思える。

私はすごくしんどかったとき、夕暮れがダメでした。でも、もっともっとしんどいときは、からっと晴れた良いお天気の日のほうが辛かったなぁ。

うっとうしい雨の日は妙に心が落ち着いて(ああ、私の代わりに泣いてくれてるんかな。)ってよく思いました。

カーテン閉めたまま、外部からの情報をシャットアウトしたまま一日過ごす気持ち、私、よくわかります・・・

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/119496
TRACKBACk