ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 大根の葉 | main | 風知草(ふうちそう) >>
かさぶた
おだやかに、すこやかに、過ごしているというのに
かさぶたを触りたくなるのはどうしてだろう。

傷はもう痛まない。ただ、ときどき少しむずがゆい。
そのむずがゆさを、ほんの少し我慢すれば治るのだろうけど、
思い出したように引っ掻いて、かさぶたをはがして、痛みを覚えて、後悔する。

そんな繰り返しで、傷跡は大きくなった。私が大きくした。
いまだに、かさぶたがなくならない。
自分で広げた傷跡なんだから、自分で手当てをしよう。
yui | ひとりごと | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/110288
TRACKBACk