ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< 今 思うこと | main | 思いを新たに >>
ぼちぼちモード
震災から3週間が過ぎ、気づけば4月。
早かったような長かったような...

うちの辺りは、今週半ばくらいから燃料不足が解消され、
ガソリン・灯油は並ばずに買えるようになりました。(満タンもOKに!)
スーパーには、牛乳やもやしといった生鮮食品も少し並ぶようになり、
品薄ではありますが、不自由さはずいぶん解消されました。

ただ、精神的には、この一週間が一番しんどかった気がします。

地震直後は「非日常」の緊張感の中で、やや興奮気味に過ごし、
「今できることを頑張ろう!」という前向きな思いで過ごしていましたが、
時間が経つにつれ、身近な人からも沿岸の現状を見聞きするようになって、
津波の脅威や爪痕の大きさを、身近にそしてリアルに感じ、
安易に復興だの頑張ろうだのと言えない…そんな気持ちが膨らみました。

火葬が間に合わず、一部地域では土葬が現実化している現状にも、
今回が「阪神とは比較にならない震災」なんだということを思い知らされ、
その上、原発事故も重なっている現状で、
この先一体どうなっていくのかと、不安というか苛立ちも膨らみました。

前向きな気持ちと沈む気持ちが入り交じる複雑な中、私自身の生活はと言うと、
震災の「尾ひれ」のような雑用が増えました。
例えば、あまり話をしたことのない夫の知人や親戚との会話(電話)とか、
郵便の回復によって届きだしたお見舞い手紙へのお礼状書きとか。
この十数日で1年分に相当するくらいの人づきあいをした気がします(苦笑)

そういうつきあいの中で、温度差を感じる場面も色々あったりして、
でも、多くの人に心配してもらって、心を合わせてもらっているんだから
感謝しなきゃ、がんばらなきゃと自分に鞭を打ってやっていましたが、
徐々に調子が上がらなくなり、ここ数日不調気味に。

で、ようやく我に返りました。

私はうつ病で休養中だったんだと。
がんばってたらダメじゃないか、もっといい加減に過ごさなきゃと。
(遅っ!ってつっこまれそうですが^^;)

こんな状況のわりには上手くやってるんじゃない?と、
夫からはめずらしく高評価をもらったのですが(苦笑)、
震災で「がんばらなきゃモード」が高まっていたことを少し反省して、
今「ぼちぼちモード」に戻しています。
まぁ何てことない、明日でいいことは明日に…っていうモードです(笑)

で、気づいたこと。
今「がんばろう」「がんばって」連発のテレビが多いこと多いこと。
テレビに限らず、スーパーや街角、新聞などでも同様。

がんばりたい人ががんばる分には全然構わないけれど、
応援や励ましの言葉に囲まれるのって、うつ病の人にはよくないよなぁと。
何かがんばってなきゃいけない雰囲気がして。

「何かしたい」という、多くの人が今持っている善意の気持ちを、
誤解なく届けられる言葉って何なんでしょうか。。。
むずかしいですね。
yui | 震災関連 | 00:15 | comments(3) | - |

yui @ 2011/04/19 1:03 AM
>>Genさんへ
ずいぶん放りっぱなしでスミマセン。

>今夜(7日夜)また大きな地震が宮城県沖で起きましたね。
ご心配いただきありがとうございました。
本当に大きな余震でした(>_<)
もう勘弁してーという気持ちですが、
一ヶ月以内にまたM8以上の余震の可能があるんだとか。。。
もうお腹いっぱいです。

>「誤解されてもかまへん」という気持ち
確かにそうですねー。
考え出したらきりがないって部分があります。
特にこんな状況下で気持ちの揺れ動きも大きいですし、
揺れる自分や周りをもっと単純に感じれば、そんなふうに思いました。

>「頑張らんでええ。頑張らんでええからあきらめんでくれ。」
いい言葉ですね〜。
あきらめんでくれ、ホンマにそう思います。
と同時に、あきらめないでいられる支援が必要だとも感じます。
自分で立ち上がれる人はいいけど、立ち上がれない人もたくさんいる状況なわけで。
今後、長い道のりであることに間違いはないと思いますが、
だからといって今のスピードで支援してたら、諦めてない人までも諦めてしまいそうです。。。


>>藤村星男さんへ
先日、気仙沼に行きました。
陸前高田から気仙沼に至る辺りは、想像を絶する光景でした。
津波被害にあった知人の家の片付けを手伝いましたが、
拭いても拭いても落ちないヘドロ汚れ、独特の臭い・・・
こんな作業を一人でやってたら、精神的にまともでいられるわけがないと思いました。

>「がんばろう」とやかましく叫ぶより、みんなで「がんばれる」環境を作っていかなければと思います。
ほんとにその通りだと思います。
特にも弱者には。
国が「がんばれる環境」の整備を目指してくれたらいいんですが、
今のところ、「がんばれ」と言ってるだけにしか思えないんですよね・・・(-_-)

藤村 星男 @ 2011/04/08 10:57 PM
毎日お疲れ様です。こちらも、気仙沼に物資を送ったり、日々連絡をとったりで、なんとなくバタバタと過ごしております。僕ら以上に大阪のおかんがいろいろとしてくれているみたいで、本当に心強いです。
メディアから「がんばろう」が消えるとき、そのときから、腰をすえて、おちついた「復興」が始まると考えます。「がんばろう」とやかましく叫ぶより、みんなで「がんばれる」環境を作っていかなければと思います。

Gen◇◆ @ 2011/04/08 2:16 AM
今夜(7日夜)また大きな地震が宮城県沖で起きましたね。
そちらで大きな被害はないですか?
本当に・・・気が休まらないかと思いますが、「ぼちぼち」で過ごせますようにお祈り致します。ほんとに。。。

>善意の気持ちを、誤解なく届けられる言葉

たぶん「誤解されてもかまへん」という気持ちでいれば、ベターな言葉を発せられるんじゃないでしょうか。
・・・これ以上言葉を重ねると、長くなるしややこしくなりそうなのでやめておきますが(^^;、yuiさんにはニュアンスが何となく伝わるんじゃないかなぁと、勝手に期待します(笑)。

関ジャニ∞の村上くんが言った言葉らしいですが、
「頑張らんでええ。頑張らんでええからあきらめんでくれ。」
って、なかなかいいセリフだなあと思いました。特に関西人には、ニュアンスが伝わりやすい言葉の気がします。

POST A COMMENT