ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< あれから2年 | main | 守り勝ったね!3連勝! >>
初ホヤ♪
岩手に来て初めて知った食材「ホヤ」。
先に食した夫の感想は「独特の香りがちょっと苦手...」と。
なのでずっと敬遠していたのだけれど、azuさんのホヤ酢を見てから興味津々に。
回転寿司で頼んでみたら、食感も香りも私好み♪だったので、
この度初めて、殻付きホヤを買ってみた。(1個150円)
中身をとった後の写真ですが...
思ったより固くてしっかりした殻で、ホヤ自体もわりと重かった。
「海のパイナップル」と呼ばれているけど、パイナップルよりグロテスク(笑)
貝の一種かと思っていたけれど、そうではないらしい。
海底の岩礁にくっついて生息している原索動物らしい。(よくわからないけど)

肝心の食べ方(さばき方)。
まず二つの突起(口とお尻)を切って縦に切りこみを入れる、と書いてあったので
その通りにやってみたところ・・・
縦に切り込みを入れたとたん、ホヤの中から水分がピシャッ〜!と顔にっ汗
あ〜びっくりしたぁ〜。ホヤの中ってみずみずしいみたい(笑)

顔を拭いて、気を取り直して身を取り出す。
意外に簡単にはがれて、ワタをとって洗ったら、はいおしまい。

一口大に切って、お刺身(わさび醤油)でいただきました。
独特の食感と磯の香り、そしてほんのりした甘みが、非常に美味!
苦手と言っていた夫も、今日のは食べられると。鮮度かな?
旬は初夏とのことなので、これからが本番!楽しみたいと思います楽しい
yui | | 11:10 | comments(8) | trackbacks(1) |

yui @ 2007/04/27 12:06 PM
>おんずさんへ
苦手なんですか・・・あら〜もったいないっ!(笑)
あの独特の風味など、結構苦手な方も多いようですね。
私は、牡蠣のほうがダメなんです。元々は好きなんですが、一度あたってから、食しても体が受けつけなくなってしまいました(泣)
でも三陸の牡蠣は驚くほどに美味しいので、翌日に何もない日を選び、吐き下す覚悟で何度かは食べています(笑)


>Gehrigさんへ
小学生の頃からとはオツですね♪

>>やはり同じくホヤの洗礼浴びましたね(>_<)
アハハハ。お仲間ですね!

>>沿岸で食べる新鮮なホヤは特においしいですよ〜!
うわぁ〜すぐにでも食べてみたいです〜!
いつか沿岸で食べてみま〜す!!


>猫丸さんへ
ホヤは、ウニとはまた違い、どちらかと言えばトリガイをみずみずしくしたような食感に、磯の香りを凝縮したような感じで、噛んでいるとふわ〜っとほんのり甘みを感じる・・・そんな感じでしょうか。
生臭いといえば生臭い感じはあるのですが、それが日本酒に(焼酎なども)合いそうな旨みなんです。
鮮度が落ちると甘みがなくなって生臭みが強くなってしまうようなので、やはり新鮮なものがおすすめです!

猫丸 @ 2007/04/27 2:06 AM
一応、グルメな私。
気になる食材は財布の許す範囲(せまいけど)で
食してきています。
でも、ホヤは鮮度が大切と聞きますし
未だ食したことがありません。
昨年も結局フルキャストに行くことも無く
チャンスも余りありません。
うーーん、新鮮なホヤ食べたい。
うらやましいです。

ほんのり甘み!? ウニっぽいってこと?
それとも雰囲気からして、コノワタっぽいのかな?

いずれにしても合うのは日本酒でしょうね。

Gehrig @ 2007/04/26 11:00 PM
かなりの珍味好きです。なにせ小学生の頃からホヤ好んで食べてましたし(^_^;)
我が家も必ず殻付きで買います。かみさんにさばき方教えてもらいましたけど…やはり同じくホヤの洗礼浴びましたね(>_<)
沿岸で食べる新鮮なホヤは特においしいですよ〜!

おんず @ 2007/04/26 10:40 PM
こんばんは。
私、岩手生まれの岩手育ち(途中数年東京に)ですが、ホヤは苦手です。苦手というかかなりダメです。
でも、いろんな食材を楽しめるのは幸せなことですよね。ホヤの幼生は海中をふわふわ漂っているそうですがそれが何故この形になるのか!?生命の神秘ですね(笑)カキが終わりホヤが出てくるともう夏に向かっていくんだなぁと実感します。

yui @ 2007/04/26 10:09 PM
>azuさんへ
そうです、ついに殻付ホヤデビュー♪
あのピシャッ!はみんな通るのですね。よかったぁ〜(笑)^^
これからもホヤは殻付きで楽しみます!!


>仙丈さんへ
アテって関西弁なんですね。へぇ〜!です^^;
日本酒に合うでしょうね〜。想像しただけで生唾がっ。


>miltuchanさんへ
珍味好き・・・わかる気はします。
新鮮なホヤは生臭みがなくて甘みが強いそうですので、miltuchanさんも岩手で食べられたら好きになるかもしれませんよ^^

miltuchan @ 2007/04/26 3:16 PM
こちらでも殻付きのホヤは売ってるんですが、
やはり鮮度は落ちるようです。
時々買うんですが、食べる人は『このわた』が好きな人、珍味好きな人ですね。
私は苦手です。
ホヤ、生まれたときは魚の形をしているそうですね。

仙丈 @ 2007/04/26 2:52 PM
旨さうですね〜
私は「ホヤ」大好きなんですよ。
日本酒のアテ(關西辨で肴のこと)にいいんですよね!
いいなあ、新鮮なホヤが食べられて!


azu @ 2007/04/26 12:39 PM
yuiさんもついに!!殻付ホヤデビュー!!ッて大げさな・・・
ハプニング!?初めての人は先ずこの洗礼をうけます(笑)yuiさんごめんなさい。。記事読みながらPCに向かって思わずゲラゲラ笑っちゃいましたo(^▽^)o
ん〜でも、やッぱりyuiさん好みでしたね!!ホヤは殻付に限りますよ!!!きっとご主人も殻付なら食べてくれるはずですから・・。できれば独り占めしたいんですけどね^^;ウチの主人なんて「ホヤはこの世になくてもよい物」と言い切りましたからね|||||||(_ _。)
あーホヤ食べたい症候群が襲ってきました!!(゚ー゚;A

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/139475
TRACKBACk

ホヤの危機【三陸岩手海釣り日記】 (三陸岩手海釣り日記 @ 2007/06/13 11:13 PM)
今回はホヤ(海鞘)について。ホヤは独特の香味と味覚で酒の肴として珍重される「海のパイナップル」と呼ばれる海産物だ。