ぼちぼちいこか

岩手に暮らす、虎ファン主婦のひとりごと。
記事に無関係と思われるTB&コメントは削除することがありますのでご了承ください。

   

<< あぁ、勝った〜 | main | 他チーム結果に満足 >>
戦争と平和を考える・その
今日、平和憲法9条を守る署名活動に、ほんの少し参加してきた。
人前で大きな声を出すのは、もともと苦手。
いちおう「署名のご協力お願いしま〜す」と見よう見まねでやってみた。
1時間がんばって、5名しか集められず。しょんぼり
(知人は20人ほど集めていた。どうもコツがあるよう。)

署名集めは少なかったのだが、なぜか質問はよくされた私。
「もう憲法は変わったの?」とか「9条??何??」とか。
質問自体が「え〜っ!!」であったが、
まあ、聞いてもらえて、チラシももらってもらえたのでよかった。

結構しらーっと通り過ぎていく人が多くて、関心の低さに驚いた。
まあ、署名運動なんて、そんなものなのかもしれない。
いいお勉強になった。

「いのち」は修復できない。だから「いのち」は尊い。
だから人を殺したらいけない。だから戦争はしたらいけない。
と、私は思っている。

日本に生まれた以上、8月は、平和について考えるときでありたい。
(という思いを込めて「その 廚砲靴討澆泙靴拭)
yui | 平和・いのち | 22:57 | comments(2) | trackbacks(0) |

yui @ 2006/08/04 2:01 PM
今も昔も、人って根本的には変わってないんでしょうね。。。
中東のいざこざには、胸が痛みます。
しらーっとならない日本人の一人でありたいですね。

藤村 星男 @ 2006/08/04 12:05 AM
今、レバノンで起きていることを考えたら、地球は決して平和ではないんです。しらーっとしてる日本人。外を見ようとしないのは、今も昔もいっしょです。

POST A COMMENT










この記事のトラックバックURL:
http://botiboti.tblog.jp/trackback/101872
TRACKBACk